東京品川歯科医師会
世代別歯科情報 イベント情報 歯科医師会の紹介 ご近所の歯医者さん
お口に関するお得な情報
品川歯科医師会 > 世代別歯科情報 > 乳幼児期
乳幼児期 学童期 成人期 高年齢期 妊産婦の方
公社)東京都品川歯科医師会では品川区民の皆様の「歯とお口の健康」ひいては「全身の健康」を維持増進するために、品川区と協力してさまざまな歯科保健活動を行っております。
乳幼児期
 乳歯は一般的に生後8〜9ヶ月頃、下の真中の2本の歯から生え始めます。続いて上の真中の2本、そしてその両脇の歯から・・という順序で生えていきます。最後に上の第二乳臼歯が生えてくるのは2歳半位が平均的で乳歯が計20本生えそろいます。(個人差があるので多少の遅れても心配は無いと言われています)
 この時期は食生活によってむし歯が出来やすくなる場合があります。  品川区では保健センターで下記の歯科健診を品歯会員が当番で行っております
(該当者には区より通知があります)。この機会を活用し、健診並びに相談されます事をお勧め致します。
 また、3歳児を対象にむし歯抑制効果のある「フッ化物塗布」を品歯会員診療所で行っております。対象の方には区から受診券が送られてきます。

→ 3歳児フッ化物塗布

 また、「4・5歳児を対象とした歯磨き指導と歯科相談及びフッ化物塗布事業」を毎年6月初旬の「歯の衛生週間」にちなんで、大井町きゅりあんにて行っています。当日は歯磨き指導と歯科相談・フッ化物塗布を、また保護者の方に対しては、歯磨き指導をすると同時に甘味食品等の摂取を中心に生活習慣の保健指導を行っています。区報にてお知らせいたします。

→ 4・5歳児を対象とした歯磨き指導と歯科相談及びフッ化物塗布事業

 また、品川区立の各保育園・幼稚園には品川歯科医師会の推薦で園嘱託歯科医がおり、歯科健診や歯科保健指導・教育を担当しています。

→ 品川学校歯科医会